緩和ケア外来について

穏やかに安心して人生を全うすることができるよう親身な緩和ケア外来を目指します

緩和ケアは、「生命を脅かす疾患に伴うさまざまな問題に直面している患者とその家族に対し、疾患の早期から疼痛、身体的問題、心理 社会的問題、スピリチュアルな問題に対して誤りのない評価を行い、それが障害とならないように予防し、対処をすることで、QOL(生活の質、生の質)を改善するアプローチである」(世界保健機関、2002年)と定義されております。
 欧米と異なりわが国では現行の診療報酬上、主に悪性腫瘍に限られますが、がん患者さんが抱えるさまざまな苦痛を緩和し、患者さんがご自分らしく穏やかにそして安心して生活を送り、人生を全うすることができるような親身なケアを提供する緩和ケア外来を目指します。

在宅医療(在宅緩和ケア)への速やかな移行で、地域で最期まで安心して過ごしたいと願う患者さん、ご家族の要求に応えます

緩和ケアを提供する場所は緩和ケア外来だけではありません。在宅でも提供されます。
当院では、隣接する勤医協札幌西区病院などと連携し、在宅での終末期のがん患者さんに対するケアの提供を行なっております。 
患者さん・ご家族の希望を踏まえながら、緩和ケア外来への初診時から在宅医療(在宅緩和ケア)への移行を積極的にすすめ、住み慣れた地域、ご家庭で最期まで安心して過ごしたいと願う患者さん、ご家族の要求に応えてまいります。

◆緩和ケア外来、在宅緩和ケア開始までの流れ◆

入院のご相談にも応じます

苦痛や症状が不安定になり入院を希望される場合には緩和ケア外来や在宅緩和ケアから勤医協札幌西区病院の地域包括ケア病棟(室料差額の設定はありません)などへの入院のご相談に応じます。

無差別・平等の医療をめざしています

医療費や生活費の面で不安を抱えている患者さんには、ソーシャルワーカーがご相談に応じます。また、当院は無料低額診療(第2種社会福祉事業)を実施しております。どうぞお気軽にご相談ください。

緩和ケア外来の対象となる方

〇がん終末期の方
〇がん化学療法を行っている方
〇がん化学療法を終えられた方

緩和ケア外来理念

1.がんに伴うさまざまな苦痛に直面している患者さん、ご家族の「生活の質」(QualityofLife)の維持・向上に努め、希望を支え、より良き生を送ることができるよう援助をいたします。
2.患者さんの身体的、精神的、社会的、スピリチュアル(霊的、実存的)な全人的苦痛の緩和を図り、全ての病期において患者さん、ご家族の人間性と尊厳を守ります。
3.医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、セラピスト、栄養士、ボランティアなどの専門的な他職種によるチームアプローチを重視し、民主的集団医療の下で最善のケアの実現に努め、在宅緩和ケアへの速やかな移行を目指します。
4.地域の医療機関との協力、連携を深め、地域におけるホスピス・緩和ケアの普及に力を尽くします。
5.すべての必要な人たちに無差別・平等の医療とホスピス・緩和ケアが実現される社会を目指して、友の会や多くの方々と力を合わせていきます。

◆緩和ケア外来の診療時間

毎週金曜日 13時30分~17時
完全予約制 ※事前のご予約が必要です

◆予約受付時間

月~金 9時~17時
土   9時~12時30分
*日曜・祝日・第2、第4土曜除く

◆お問い合わせ先
電話: 011-671-5115

◆緩和ケア外来担当医師

小林 良裕 
 日本緩和医療学会暫定指導医
 札幌ホスピス緩和ケアネットワーク幹事
 日本死の臨牀研究会世話人

外来受付

診療内容
内科

診療日
月~金曜日 第1・第3・第5土曜日

休診日
毎週木曜日・午後 第2/4土曜日・日曜日・祝祭日、年末年始(12月30日~1月3日)

受付時間
[午前] 8:00~11:30【診療開始 9:00】 / [午後] 13:00~16:00【診療開始 13:30】

診療体制表